これまでの経験と自由な発想で新しい鈴鹿の自治に取り組みます
‘議員’の視点だけではなく‘市民’の視点 からも、
 鈴鹿市議会が変わることが求められています。
 従来型の議会運営から、市民を意識した議会運営へ。
 議会におけるイノベーションが必要です。
本文へスキップ

中西大輔は無党派で鈴鹿市政にまっすぐに取り組んでいます。

これまでの経験と自由な発想で新しい鈴鹿の自治に取り組みます

無党派で鈴鹿市政にまっすぐに取り組んでいます。

TOPICS


NEWS新着情報

2014年 12月 17日
サイトを更新しました。
20**年*月*日
20**年*月*日

バナースペース

鈴鹿市議会議員 中西大輔

H26度の議会での役職等

・文教環境委員会 委員長
・議会改革特別委員会 委員
・都市計画審議会 委員