これまでの経験と自由な発想で新しい鈴鹿の自治に取り組みます
‘議員’の視点だけではなく‘市民’の視点 からも、
 鈴鹿市議会が変わることが求められています。
 従来型の議会運営から、市民を意識した議会運営へ。
 議会におけるイノベーションが必要です。
本文へスキップ

中西大輔は無党派で鈴鹿市政にまっすぐに取り組んでいます。

これまでの経験と自由な発想で新しい鈴鹿の自治に取り組みます

無党派で鈴鹿市政にまっすぐに取り組んでいます。

TOPICS

  • 配布中の2016年活動報告のPDF資料をアップしました。(2016.12.31)
  • 一般質問について、今年9月までのものをアップしました。(2016.12.14)
  • リーフレットに書いている思いを整理しまとめました。ご一読よろしくお願いいたします。        ⇒■中西だいすけの思い。
  • 3月24日に鈴鹿市東部の中日新聞と朝日新聞に折り込み、愛宕小校区内には徒歩で配布させて頂いた活動報告です。詳細は「活動報告とブログ」にて、PDFでご覧ください(4/1)。
  • 2015年版の新しいリーフレットです。ご一読よろしくお願いいたします。(3/4)⇒新しいリーフレットのページへ
  • 前回選挙のリーフレットなどを掲示し、どれだけ活動できているか、検証していただけるように情報を整理しました(1/23)⇒検証ページへ
  • 12月議会に関しての報告をUPしました。(1/22)
  • 都市計画審議会に都市マスタープラン改定について、意見をまとめ提出しました。
  • 新たな中・長期計画の市民委員会で配布された資料のうち「鈴鹿市の経営環境診断」を掲載します。(12/17)
  • 12日の定数削減の請願審査ですが、委員会の採決では再度、継続審査となりました。(12/17)
  • 12月定例会が始まっています。担当の文教環境委員会関連の議案や補正予算の審議に力を入れます。
  • 12月12日の午後1時から「鈴鹿市議会定数の削減を求める請願」の請願人を招致しての審査が総務委員会で行われます。

NEWS新着情報

2014年 12月 17日
サイトを更新しました。
20**年*月*日
20**年*月*日

バナースペース

鈴鹿市議会議員 中西大輔

H26度の議会での役職等

・文教環境委員会 委員長
・議会改革特別委員会 委員
・都市計画審議会 委員